映画
午前4時にパリの夜は明ける

4/24(水)午前1:00

4/26(金)午前1:45

午前4時にパリの夜は明ける

苦難を乗り越えて懸命に生きるシングルマザーのヒロインを、C・ゲンズブールが魅力的に好演。「アマンダと僕」のM・アース監督が1980年代のパリを舞台に描く感動作。

夫と別れ、シングルマザーとなったヒロインが、さまざまな苦難を乗り越え、2人の子どもたちとともに懸命に前に歩んでいく姿を、1980年代のパリを舞台にいきいきと描写。「なまいきシャルロット」で注目を集めたゲンズブールと、やはり1980年代からトップ女優として活躍し続けるE・ベアールが仲良く共演するほか、「満月の夜」「北の橋」など、1980年代の名作映画が劇中に引用され、ヌーヴェル・ヴァーグの精神を現代に受け継ぐアース監督ならではの映画愛に満ちた、みずみずしい感動作に仕上がった。

午前4時にパリの夜は明ける

苦難を乗り越えて懸命に生きるシングルマザーのヒロインを、C・ゲンズブールが魅力的に好演。「アマンダと僕」のM・アース監督が1980年代のパリを舞台に描く感動作。

1981年のパリ。夫と別れ、子どもたちを養うため、働く必要に迫られたエリザベート。彼女は深夜ラジオ番組の人気パーソナリティー、ヴァンダに求職の手紙を書き送り、番組のアシスタントとして働き始める。ある晩、番組のリスナーの孤独な少女タルラと出会い、彼女が家出してきたことを知ったエリザベートは、自宅に泊まるよう彼女を招く。そんなタルラに、エリザベートの純情な息子マチアスがすっかり惚れ込むようになり……。

作品データ

  • 原題/Les passagers de la nuit
  • 制作年/2022
  • 制作国/フランス
  • 内容時間(字幕版)/112分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
エリザベート シャルロット・ゲンズブール
ヴァンダ・ドルヴァル エマニュエル・ベアール
マチアス キト・レイヨン=リシュテル
タルラ ノエ・アビタ
ジュディット メーガン・ノータム

スタッフ

  • 監督
    ミカエル・アース
  • 製作
    ピエール・グィヤール
  • 脚本
    ミカエル・アース
  • 脚本
    モード・アメリーヌ
  • 脚本
    マリエット・デゼール
  • 撮影
    セバスチャン・ブシュマン
  • 音楽
    アントン・サンコ

関連特集

W座からの招待状

WOWOWが今、もっとも観てほしい映画をご案内

平日夜は最新映画!

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

W座からの招待状

WOWOWが今、もっとも観てほしい映画をご案内

平日夜は最新映画!

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの